オガール×図書館シンポジウム

こんにちは。2016年も残り少なくなってきましたね。

 

先週の話ですが、紫波町情報交流館で

「オガール×図書館シンポジウム」と題したイベントが開催されました。

これは、前半が紫波町オガールエリアの取り組みについて著した本である「町の未来をこの手でつくる」の著者、猪谷千香さんによる講演で、後半がオガールエリアのデザイン会議委員の方々によるパネルディスカッションという2部構成でした。

前半の猪谷千香さんの講演では、全国のユニークな図書館を取り上げ、それぞれが実施する取り組みの地域に与えるインパクトを、猪谷さんの視点から紹介されていました。

講演のおわりには、紫波町図書館についても触れられ、全国でも珍しい「農業支援」を掲げた図書館であり、隣接している産直「紫波マルシェ」に図書館のPOPが掲示されているのは他に類を見ないとのことです。

 

後半のパネルディスカッションでは、猪谷千香さんがモデレーターとなり、オガールの「これまで」と「これから」を振り返るため、「オガールの肝」「オガールの知ってほしいところ」「これからのオガールに参考となる」の計3枚写真をそれぞれパネリストの方々に紹介してもらいながら、話が進んでいきました。

 

パネリストとして登壇されていた竹内先生は、「オガールの肝」の部分で紫波型エコハウスについて取り上げてくださり、これからもどんどん楽しく暮らしやすい街になっていく「肝」となっていると感じました。

他にもご紹介したいお話がたくさんありますが、それは実際にオガール、紫波町を歩いて、体験していただければなんとなくお分かりいただけるかもしれません。

 

ぜひ、紫波町、オガールへ足をお運びください♪

その際には、「オガールの肝」が体感できる施設の1つである紫波型エコハウスサポートセンターにもお越しください!

 

宿泊体験をご希望の方々も募集中です♪

【紫波型エコハウスサポートセンター】

  • 開館時間:10:00~18:00
  • 休館日 :月曜日(祝・休日の場合はその翌日)。年末年始(12月29日~翌年1月3日)