エコで健康な暮らしを創るーオガールEXPOでの講演ー

皆さんこんばんは。

桜も咲き始め、春に近づいている今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?

 

本日、オガールEXPOというイベントが開催されており、各種講演やブース出展で盛り上がっておりました。

その中で、紫波型エコハウスに関わる皆さんの講演がありましたので、拝聴しにまいりました。

 

 

まず、オガールタウンに施工されている工務店の皆さんに対して、

プロジェクトが立ち上がった当初の印象について話題が振られました。

 

各工務店さんとも、「できない」という印象を抱いていたようです。

年間の暖房負荷などが次世代省エネ基準よりも遥かに厳しい基準であり、これまで職人の「肌感覚」による施工に頼って来たため、数値化された基準をクリアしていくのは難しいと思ったそうです。

 

しかし「やってみる」ことで、やり方が分かっていき、今ではオガール以外の現場でも年間の暖房負荷などを最初に数値化してから施工しないと落ち着かない程だそうです。

更に、オガールタウンでは当たり前になっている「トリプルサッシ」についても同様に、「普通」になっているそうです。

 

このように「住みやすい」「エコで健康」な家を建て、実績が出来てきた工務店の皆さんは、

施主様に待ちが出てくるほど声がかかっているそうです。うれしい悲鳴ですね。

紫波型エコハウスがオガールタウンだけでなく、町内外に普及していることが改めてわかり、着実に住環境の向上につながっていると感じました。

 

また、新築住宅の建設だけでなく、日詰商店街を中心としたリノベーションにも取り組み始めているようで、

そこでも断熱を取り入れた「断熱改修」が進んでいます。

 

これからもますます、地域で人やお金、技術が循環していき、住みやすい住環境がもっと増えていけばいいな、と思います。

 

各種シンポジウムの他にも、情報交流館1Fでは食べ物の提供や体験ができるコーナーの出店があり、こちらでもたくさんの人が来ていました。

 

主には町内の菓子店やカフェの方々、産直に卸している皆さんですが、

大槌を中心に採蜜して販売している団体も来ており、町内外からオガール、そして紫波を盛り上げようとする人たちがたくさんいらっしゃいました。

 

(出店されている皆さんに取材していたら、買いすぎてしまいました…。笑)

 

オガールEXPOは本日だけでしたが、本日を皮切りにリスタートしたオガールは、普段から皆様をお待ちしております。

ぜひ、お越しください。

 

そして、ぜひ「エコで健康な暮らし」が感じられる紫波型エコハウスサポートセンターへもお越しください。

皆さまのお越しをお待ちいたしております。

【紫波型エコハウスサポートセンター】

  • 開館時間:10:00~18:00
  • 休館日 :月曜日(祝・休日の場合はその翌日)。年末年始(12月29日~翌年1月3日)