タックホーム「ゼロエネルギー住宅」見学にいってきました。

矢巾町で開催された、タックホームさんの完成見学会に参加させていただきました。

暖房はヒートポンプ式の温水パネルヒーターを使用し、室内は22℃の輻射熱がやわらかなぬくもり的暖かさで伝わってきました。建物自体は、高い断熱・気密であり熱が逃げにくく、少しのエネルギーで長持ちする設計になっています。暖房機器のパネルヒーターは室内に応じた大変考えた配置になっていました。サッシには高性能のクリプトンガスを使用したタイプが使われており、かなりの断熱効果が期待できそうです。間取りも非常に家事の時間短縮になるよう設計されており、毎日の家事にまで配慮された使いやすさを感じました。(太陽光発電 6kwを搭載)