オガールのイベント「まち育ての祭典」

オガールプラザの情報交流館で「まち育ての祭典オガールと地域が元気になるワークショップ」というイベントが行われていました。
ただの物販ではなく、「紫波をさらに好きになる場」の第1弾です。

 

 

食べ物の販売から手作り小物の体験コーナーまで、様々なジャンルのお店が出店していました。
試食がたくさん出ており、実際食べて気に入った物を購入できるようになっていました。
体験コーナーも簡単に作成できる物が多かったので、お子様連れのご家族でいらっしゃっても楽しめそうでした。

インターネットやスーパーなどで物を購入することはできるけれど、
その道のプロたちから詳しい話を聞いたり、悩みを相談しながら買い物できるのが楽しかったです。

オガールでは、地域の人々が気軽に足を運べて楽しめるイベントが数多く開催されています。
これも紫波町で暮らす魅力の一つですね。
第2弾が今から待ち遠しいです。

 

画像は祭典の様子とサポートセンターのメンバーで購入した商品たち。

↓一番左上の画像の購入品の詳細↓
・(株)ループラスさんの布ナプキン(画像一番左)/防災グッズとしてお勧めされていました。女性の月経痛の軽減や冷え症に効果あり。
・中村(成)農園さんの完熟リンゴ(画像上真ん中)/ふじとサンふじ。蜜がたっぷりでみずみずしく美味しかったです。
・八重樫建具店の木製コースター(画像下真ん中)/雪の結晶の形のコースターです。他にも色んな形やキャラクターの物がありました。
・高橋久祐さんのパン&パイ(画像右上、右下)/きのこメロンパンときのこアップルパイ。他にもしいたけのおむすびが売っていて、美味しく頂きました。