サポートセンター

紫波型エコハウスサポートセンターの役割

紫波型エコハウスサポートセンターは、健康で省エネルギーな住宅の普及を目指し、町内一般住宅の住宅性能向上やリノベーション、省エネルギー設備機器の導入などをコーディネートする相談支援窓口業務を行います。 サポートセンター(建物)は、町産材の使用や気密性能向上など、町の定めた基準(紫 波型エコハウス基準)を満たした施設です。快適なエコハウスの機能を具体的にイメー ジし、また体感していただけるようにモデルハウスとして公開しています。

紫波型エコハウスサポートセンター(施設)の特色

その1
断熱効果の高い外壁等を採用。 ※構造カットモデルを展示しています。
 
壁 面:グラスウール 20cm, 屋 根:グラスウール 30cm
 
基礎下:スタイロフォーム 10cm, 基礎立ち上り部:パフォームガード 10cm
その2
断熱効果の高い窓枠(トリプルサッシ)4種類などをサンプルとして使用。
その3
24時間熱交換換気システム(第一種換気)を採用。
その4
木質バイオマスによる地域熱供給サービスを利用した給湯・暖房システムを導入。

施設のご案内

構 造:
木造2階建 敷地面積:224.42㎡
床面積:
122.58㎡(1階 61.29㎡ 2階 61.29㎡)
1F2F

1Fの寝室部分と店舗部分は、サポートセンターの事務室として使用しています。